新着・更新情報 WHAT'S NEW

サイエンスホームの8つの人気のヒミツ♪   その3(強固なハイブリット工法)

皆様こんにちは☆
「味わいある木の家」を設計施工をさせて頂いてますサイエンスホーム博多店の鈴木と申します^^
先日よりサイエンスホームの『8つの人気のヒミツ』その1~2をこっそりお伝えさせて頂きましたが前回に引き続き
本日は人気のひみつその3についてのご紹介です。必見です☆
前回その2では外張り断熱がサイエンスホームでは当たり前に搭載されている、また最高クラス樹脂サッシも当たり前に搭載
されているという内容でした。
 

本日は人気のヒミツ・その3“強固なハイブリット工法”についてお伝えさせて頂きたいと思います。
では、そもそもハイブリット工法って何?と思われる方がほとんどかと思いますので、ハイブリット工法についてご説明させて
頂きたいと思います。
ハイブリット工法とは、木造軸組工法と壁工法を組み合わせたことをいいます。
もっとも一般的であります木造軸組工法は、簡単にご説明すると木の軸を組み上げて建物を支えるフレーム工法になり、壁工法は
壁・床などの面が一体となって建物を支えるパネル工法となります。

木造軸組工法のイメージはこちらです↓(柱に梁などを乗せ組み上げています)
  

壁工法のイメージはこちらにです↓(壁にパネルを入れて強度を増してます)

木造軸組みの場合、壁の間には筋交いというものを入れ強度を増しますが、サイエンスホームは筋交いよりも強固な壁パネルを入れ
ます。ですので木造軸組み工法と壁工法の良いところを掛け合わせた素晴らしい工法ですのでハイブリット工法と呼んでます。

全体のイメージです↓(フレームとパネル)

更にサイエンスホームの最大の特徴であります真壁工法は、1m感覚で全てにおいて建物を支える柱が立っていますので、一般的な
木造軸組み構造の柱の数の1.5倍多く使っている為、ハイブリット構造の中でもより強固な建物となっています☆
前回のヒミツその2の断熱と同じことで、サイエンスホームの家はこの強固なハイブリット構造のシステムが当たり前に搭載されています。

ハイブリット構造に加え、柱も1.5倍となると価格以上の付加価値がある家なんです!
人気のヒミツその3はいかがでしたでしょうか??良さがわかっていただけたことと思います(^^)/

アットホームで、しつこい営業・押し売りは一切致しませんのでどうぞお気軽にご相談下さい☆(^^)
(福岡県 福岡市 注文住宅 新築一戸建て 味わいある木の家)
***********************************************
現在、檜柱まるごと一棟分プレゼントキャンペーン実施中!
サイエンスホーム博多展示場
福岡市博多区板付4-2-14
TEL 092-710-0991
info@streform.co.jp
詳しくは“サイエンスホーム博多店 株式会社エスティ住建”までお気軽にお問い合わせ下さい♪
***********************************************